マッデン NFL オンラインリーグ

日本人マッデンプレイヤーのコミュニティーの場として

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コマさんマッデンを語る。しちゃいけない3つのDon't




以下、連続投稿されたツイートをまとめました。

マッデン第1のDon'tは、無謀な第4ダウンギャンブル。オンラインで外人さんと野良対戦してると、大多数の相手が、試合序盤だろうが、自陣だろうが、残り10ヤード以上だろうが、パントを蹴らずにギャンブルしてくる。


もちろん成功することもあるが、ほとんどの場合、どこかで失敗し、そこから一気に崩れていく。もしかしたら、その試合に3回ギャンブルして、幸運にも3回成功するかもしれない。ただ、そういうことはまれであって、数試合、数十試合を通じての勝率で見ればきっと頭打ちになる。


もちろん勝負をかけなきゃいけない時もあるので一概には言えないが、ちょっと極端なくらい分かりやすくルール化するならば、第4クォーターで、敵陣で、2ポゼッション以上負けていて、残り1〜2ヤードでない限りギャンブルはしない、くらいの考えでもいいと思う。


第2のDon'tは、ディフェンス時、相手オフェンスのセット(RB、TE、WRの人数)を見る前にディフェンスのプレーを決定すること。これは必ず致命傷になるとは言わないが、ディフェンスの場合、相手より先にプレーを決定するメリットは、何ひとつない、ということだ。


例として、分かりやすい極端な例を挙げると、もしオフェンスのセットが「0RB、0TE、5WR」であれば、まず間違いなくパスと分かるわけだ(QBやWRのランもなくはないが、コールされる確率も、ロングゲインになる可能性も高くない)。


相手が次はパスしますよと教えてくれているのに、みすみすそれを見逃がして、いいことなど何ひとつない。反対にランの場合も同様で、相手がOLとTEを増やしたゴリゴリのランをコールしているのに、先に思いつきでダイムやクォーターをコールしてしまえば、余裕で走られてしまう。


一般的なセオリーとして、相手オフェンスのWRの人数と、こちらのDBの人数を合わせよう、というのがある。これに関しては、別に完璧に守る必要はないと思う。ただ、ランかパスか、目星をつけることは、絶対に必要だ。


もうひとつ極端な例を挙げると、何度か対戦している相手の傾向を見ているうちに、この相手はランをするときは必ず2RBで、1RBのフォーメーションからは絶対にランをしない、というクセに気づいたとする。であれば1RBと表示された時点で、ランは捨てていいということになる。


反対にオフェンスの立場から見ても、プレーを決めた途端に画面がフィールドに移れば、相手ディフェンスがこちらに合わせずプレーコールしていることが分かるから、先ほど例示したような極端なフォーメーションや、バレバレのプレーをコールしやすくなる。


最初のうちは「相手オフェンスの目星がついたところで、どれを選べば有効なディフェンスか、どうせ分からないし……」と思ったりもするかもしれないが、極端な話、相手オフェンスを疑心暗鬼にするためだけにでも、先に決定ボタンを押すのは避けるべきだ。


第3のDon'tは、不用意なプレーアクション。ディフェンスがパスコミット(スナップ前にL2+右スティック上でパスに備える)しているときにプレーアクションをコールすると、ディフェンスがフェイクに引っかからず一直線にQBにラッシュするため、なすすべなくサックされてしまう。


なので、明らかなパスシチュエーションではプレーアクションをコールしないこと。具体的には、例えば第3ダウン10ヤード。ディフェンスとしては、ランで5〜6ヤード進まれてもファーストダウンにならないから、パスコミットしてくる可能性は高い。


また、例えば第4クォーターで2ポゼッション差以上負けている場合。ディフェンスとしては、ランである程度進まれたとしても、パスでロングゲインを許さず、時間を消費させればよいので、パスコミットしてくる可能性は高い。


こういったシチュエーションでは、プレーアクションをコールしないこと。パスを投げるチャンスすらなく、みすみすサックされてしまう可能性が非常に高い。


以上が、自分の考えるマッデン3つのDon'tである。どれも別に大したことではない。誰でも今すぐにできることで、確実な効果があるはずだ。だが意外と、この3つすべてを実践している人は少ないと思う。あくまで個人的意見だが、もし参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コマさんマッデンを語る!ユーザーデュフェンスのすすめ




以下、連続投稿されたツイートをまとめました。

やっぱりマッデンは面白い。アクションゲームやシューティングゲームのようなアクション性。テーブルゲームやシミュレーションゲームのような戦略性と駆け引き。そして実在の選手を操るというキャラクターゲーム的な魅力。やはりゲームファン&スポーツファンにとっては最強の作品だ。


やはりマッデンの対戦は、ディフェンスを自分で操作し始めると強くなるし、何よりゲームそのものががぜん面白くなってくる。当然ながら、試合のほぼ半分はディフェンスをしているのだから、ディフェンスが楽しくなれば、ゲームが2倍楽しくなるのはある意味道理だw


オフェンスは自分でプレーを選ばないとディレー・オブ・ゲームになるし、自分でパスを投げなければサックされてしまう。パスを投げて、インターセプトされまくれば勝てないから、まず得意なプレーを見つけて、パスを通せるように練習する。なので、みんなオフェンスは自動的に上達する。


ディフェンスは、放置していてもCPUが自動でプレーを選んでくれる。スナップ後も、CPUが自動で動いて守ってくれる。だが、これがワナなのだ。試合を重ねればイヤでも上達するオフェンスと反対に、ディフェンスは自発的に操作しなければ、いくら試合を重ねても上達することはない。


確かにディフェンスは難しい。常にボールキャリアーを操作するオフェンスに対し、ディフェンスは11人から1人を選んで操作する。オフェンスはとにかくエンドゾーン目指すだけだが、ディフェンスはヘタに動かしてタックルやパスカバーをミスすれば、一発タッチダウンもあり得る。


なので最初は、フィールド中央をゾーンで守る(黄色のフックゾーン)ラインバッカーを自分で操作するのがよい。仮に操作ミスしても、一発タッチダウンの可能性は薄いからだ。


相手がランで来たら、ブロッカーにつかまらないように、ボールキャリアーに向かって走る。簡単だ。問題はタックルだが、慣れないうちは×ボタンを押しっ放しにすれば、その間はCPUが操作してくれる。もしくは、○ボタンで操作カーソルを外し、完全にCPUに任せてしまっても構わない。


慣れてきたら、右スティックを倒してヒットスティック、□ボタンでダイビングタックル、L1ボタンでストリップなど、自分でタックルの操作をしてみよう。最初のうちは、近くに味方のディフェンダーがいるときに狙ってみるとよい。もしタックルミスしても、フォローしてもらえるからだ。


相手がパスで来た場合は、△ボタンを押しっ放しにして、パスの軌道に入ればインターセプトできる。△ボタンはタイミングよく押す必要はなく、もっと言えば相手がパスを投げる前から押しっ放しでよい。余裕があれば、L2ボタンも押して正面を向けば、よりよい体勢でインターセプトできる。


相手QBをサックするには、自分でディフェンスラインの選手を操作して……と思うかもしれないが、むしろ自分でパスカバーができるようになると、サックが増えるのだ。


サックを奪う最も効果的な手段は、もちろんブリッツだ。だが多くのQBは、スナップ前から「もし相手がブリッツを入れてきたら、すぐこいつに投げよう」というレシーバーを準備している。RBやTEへのショートパスや、WRへのフックやスラントなどだ。


あとはもう、読みと駆け引きの世界なのだが、ブリッツを入れたら、スナップと同時に、その相手がすぐ投げようと思っているホットレシーバーの方へ、自分操作のディフェンダーを走らせるのだ。そこで相手が数秒、投げるのを躊躇すれば、CPUがサックしてくれるという寸法だ。


多くの場合、序盤で大差がついたり、ある時点で試合が決まってしまう要因は、4thダウンでパントせず無茶なギャンブルを狙って失敗し、試合を完全に破壊してしまうことだ。


ギャンブルの誘惑に負けてしまう要因は、「ここでパントしたら、きっと相手を止められず、さらに点差を広げられてしまう」という心理にある。ディフェンスに自信を持つことで生まれるメリットは、こういう場面でパントを蹴れる、苦しい場面でも試合を壊さず踏ん張れるようになることだ。



コマさんが実際にオンラインの試合において実践しているユーザーディフェンスの
美技の数々をまとめました。カーソルの付いている選手に注目です。

視聴の際はフルスクリーン・HDをお勧めします。


オフェンスを含めたプレー動画はコマさんのブログで公開中です。
個々の動画についての解説もあります。
http://kommander.blog36.fc2.com/

| 未分類 | 19:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PS4版の購入、Plus加入についてetc・・・気になることをQ&A!

マッデンプレイヤーから見たPS4およびPS4版マッデン25のあれこれをQ&Aの形でまとめていきたいと思います。既に多くの人がご存じのことばかりかもしれないので、あまり参考にならないかもしれませんが。

質問役にはフットボール界のお嬢様、パトリシア嬢。
答えるのもちろんこの方、ジョン・マッデン氏です。


最終更新日3月5日

修正更新
北米アカウントがメインアカウントならプラス加入も北米じゃないとダメなの?


ソフトの購入(パッケージ版・ダウンロード版)、プレーする際のアカウント、またそのどちらのアカウント(北米・日本)でPlusに加入するのか、などマッデンをプレーする際には様々な選択肢があるけど、どのような組み合わせでも大丈夫。もちろんオンライン対戦も出来るよ。ただ、組み合わせによってはアカウントをいつも使うPS4として登録する必要があるし、どのアカウントをその[いつも使うPS4]に登録するかが違って来るから注意して欲しいね。

あと、Plusには旧作のゲームが無料ダウンロード出来るサービスも含まれているんだけど、そのコンテンツは北米と日本では違うんだ。このサービスを利用して日本のゲームを遊びたいなら日本のアカウントでPlusに加入することをお勧めするよ。これらのゲームをDLするのは加入したアカウントでないと出来ないからね。




マッデンの新作がもう発売されているの?

北米でのPS4本体発売に合わせて「PS4版マッデン25」が発売されているよ。でもこれは純粋な新作ではないんだ。PS3版マッデン25と内容自体に大きな変更はない。ただゲームの出来自体はとても良いんだ。PS3と同じように日本のPS4本体で北米版ソフトを遊ぶことが出来るから是非プレーして欲しいね。


PS4版マッデン25はPS3版とどうちがうの?

さっきも言ったように基本的なところは変わっていない。NBA2K14のようなPS4版ならではの追加要素も残念ながら特に無い。画面デザインが少し変わっていたりはするけどね。
だからといってPS3版から進化してないかと言えばそんなことは全然ないんだ。グラフィックは向上していて1080p60fpsで動くから、選手の動きが良くなっているし、リアリティが増しているね。観客も3Dモデルになっていて、スタジアムもより作り込まれている。試合の雰囲気はとても臨場感のあるものになっているよ。空気感すら感じられる。一番の違いはPS4の素晴らしい能力を生かしたストレスレスな動作かな。最初のEAサーバーへのログイン以外は何をするにもサクサク動いてくれるんだ。カスタムプレーブック作成時などが顕著な例で、PS4版ではとても快適に作成することが出来るようになっているね。


PS3版マッデン25を持っていると低価格でPS4版を購入出来る?

残念ながら出来ない。
PS4版ソフトの中には「アップグレードプログラム」といって、PS3版を持っている場合、コードを入力することでとても低価格でDL版を購入出来るものもあるんだけど、残念ながらマッデンはそれには対応していないんだよ。


PS4版マッデンはどこで買うことが出来るの?

国内の輸入ゲーム販売店で買うことが出来る。→右側のソフトをクリックしてもらえれば販売店に繋がるよ。海外だとプレイアジアとか米amazonから購入することも出来る。
DL版もあるからそちらを買ってもいいね。日本版は存在しないから北米のPSストアで買う必要があるんだけど、そこでは日本のクレジットカードは使うことが出来ないんだ。だから北米PSNカードをソフトの代金分購入してチャージする必要がある。この北米PSNカードも輸入ゲーム店やamazon、ヤフオクなどで買うことが出来るんだけど、お勧めはこちらのお店かな。他のお店より安めだからね。メールでコードが届くよ。

米アマゾンで北米PSNカードを買うことは出来ないの?

基本出来ないんだ。
米amazonでは普通に日本のクレジットカードで買い物が出来るんだけど、PSNカードを含むデジタルコードの商品はアメリカ在住の人以外は買えないようになっているだ。実はアカウント登録の際の住所がポイントになっていて、そこをアメリカの住所に変更すれば購入することが出来るようになるって言う話は聞いたことがあるよ。一番安く買えるやり方だけど、このやり方は規約違反に当たるだろうね。


アカウントはPS3で使っていたものをそのまま使えるの?

使うことが出来るよ。
その場合、登録したフレンドもそのまま引き継げるから新たに登録し直す必要は無いんだ。PS3ではフレンドの登録は最大100人までだったけど、PS4では2000人まで可能だから、新たにフレンドを登録するのに困ることはたぶん無いだろうね。六郎太がチャットで「最大1000人」とか言っていたけどあれは間違いだね。ウォレットにチャージしたものがあったら、それももちろん引き継がれるからPS4で使うことが出来る。PS3と同じようにPS4も本体に複数のアカウントを登録しておくことが出来るよ。


PS4のオンラインは有料だって聞いているけど?

オンラインで繋ぐこと自体にはお金はかからないんだ。
各ソフトのアップデートやPSストアでの購入・DLなどはこれまで通り無料で出来る。マッデンで言えばロスターのアップデートにはお金はかからないってことだね。ただオンラインマルチプレイ(オンライン対戦)をするにはPlayStationPlusへの加入が必須となっている。
本体に登録されている一つのアカウントがPlusに加入していれば他のアカウントでもオンライン対戦は可能だよ。その際Plusに加入したアカウントでいつも使うPS4として登録するという作業が必要になるから注意して。


PlayStationPlusへの加入方法を教えて

PSストアにPlaystationPlusの項目があるのでそこで利用権を購入すればOK。日本だと利用権は1ヶ月(500円税込)、3ヶ月(1300円)、12ヶ月(5000円)の3種類。北米も同じく3種類だけど1ヶ月(9.99$)、3ヶ月(17.99$)12ヶ月(49.99$)と金額が少し違うようだね。日本には無いようなんだけど、北米には[PSNカード]のように各種利用権のカード[PlaystationPlusカード]も存在するんだ→こういうもの。その場合はカードのコードをPSストアで入力することでPlusに加入することが出来るよ。

| 未分類 | 18:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。