マッデン NFL オンラインリーグ

日本人マッデンプレイヤーのコミュニティーの場として

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2ndシーズンWEEK5の感想

マッデンのオン対戦の精神は交剣知愛であるべきだと思います!
相手と試合後、率直に感想を語り合うのも試合の一部なのだぁ!
その為の場なので有効にご利用ください~^^;冒頭に試合結果をよろしく。

| 試合の感想(2nd) | 10:23 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

MIN6-21NE

先制点取ったけれど相変わらずの精神の弱さでミスを
ミスがミスを呼びもう泥沼でした。NE相手にターンオーバー連発してちゃかてまへんw
2PC失敗であせるならやめたらいいのにw

| cyoumoai02 | 2010/05/05 20:01 | URL |

CHI(Gotchenさん) 0-28 GB(あげどうふ)

点差で見ると圧勝のように思えるかもしれませんが、前半はお互いディフェンスがふんばりました。
2Q終わりに、いいフィールドポジションから先制TD!
オフェンスに苦しみましたが7点をもぎとりました。

次の得点がどちらに入るかが重要だなと思った4Q、LBのジョーンズがINT!必死でエンドゾーンまで走りぬき14-0に。
Gotchensさんが「4Qで集中が切れた」とあとでおっしゃっていましたが、直後のCHIオフェンスをまたしてもウッドソンがINTしてそのままTD!これで試合が決まりました。

同地区対決を制し、首位をがっちりキープ!
ですがまだまだ気は抜けません。なんせこの後同地区と2連戦ですからね^^;

Gotchenさんありがとうございました。またWEEK12で会いましょう!

| あげどうふ | 2010/05/06 00:40 | URL |

BUF 50-13 DET

トムさんが一時抜け中だったのでCPU戦となりました。

このしあいはWRエヴァンズが7キャッチ220yds2TDとエースとしての活躍を見せてくれました。鳥坊もNTを弾き飛ばすランを見せるなどでまずまずの活躍。ホワイトはINTRTDを喫するもラン、パスともに申し分ない活躍でした。

次週は全勝をキープしてBYEweek前の大一番PIT戦です。なんとか全勝のままいければな~と思ってます。

| backs2989 | 2010/05/06 01:17 | URL |

NYG 14-38 HOU

先攻NYGの最初のプレイ。挨拶代わりに軽い気持ちで6 Men Rush!ところが、よく知らないNYGのWRにプレスに行ったHOUの先発FSが一瞬で抜き去られ、一撃TD。先週の良くない流れそのままの先制TDを揺るす。その後、HOUはTDを返し、同点とし、NYGのパスをドンピシャのユーザーピックて、さらに敵陣深くからの追加点のチャンス!しかし、残り1ヤード、4th&Goalで、QBショーブがかっこ悪いスニーク失敗。その場に倒れるってw
その後も、敵陣レッドゾーン内でコンテインしているDEに頭越しに投げようとして超反応でINTされリターンTDを許すなど、非常に効率の悪い攻撃で前半は14-14で折り返すのがやっと。
全試合からの悪い流れをまったく断ち切れないHOUには不安が広がるが、それを救ったのはPITから移籍してきたCBクラフトとLBイングリッシュ!ともにINTリターンTDを決め、試合を一気にHOUに引き寄せた。オフェンスもしっかりシリーズを得点につなげ、結果38点を奪うことに成功し、なんとか3勝目をあげた。

QBショーブはINTを犯したものの、313ヤードの活躍。HBスラトンは今節も平均約7ヤードを走り、レシーブでも58ヤードTDを決めるなど、大活躍。AJ、ODもそれぞれ100ヤード前後を記録した。

かつげんさん、ありがとうございました。

| すーさん | 2010/05/06 17:07 | URL |

試合内容はすーさんが書いてくれたので割愛させてもらいます。

はぁ・・・、これでもかというほどターンオーバーした試合でした。これほどした試合は記憶にありません。
前半までは何とか踏ん張っていたんですけどねぇ。

最初のINTは誘い込まれた見事なユーザーピックです。
でもそのあとの守備で、キワヌカがドシドシ言わせながら84ヤードを走りきってくれたときは「流れ戻ってきたか!?」と思ったんですが、今思うとあのINTの時点でTEXに徐々に傾いていたように思えます。

後半は3Qに二つのINTで心にヒビが入る音が聞こえました(一応折れてませんでしたw)が、矢先のジェイコブスのファンブルでポキッと逝きましたw
INTはまったく考えてなかったんですが甘かったようです。

Bye week明けのこの一戦、始まる前から鬼門だと思ってましたが予想はズバッと的中でした。
これから地獄のスケジュールが始まるというのに・・・。
今一度自分の戦略を見直さないと、早くもシーズン終了のお知らせが来そうです。

すーさん、ありがとうございました!

| かつげん | 2010/05/07 21:14 | URL | ≫ EDIT

ATL(amy) 17-17 STL(takazさん)

STL断然優位の展開を、INTやFUMや魂のDFでなんとかついていってOTへ・・・・。

トス敗北でもう諦めてたところを、なんとかパントに追い込み、じわじわと反撃!! 34~35ヤードのFG圏内まできたので、さぁ蹴るぞ!!「いや、時間もダウンもあるから、少しでも進んどこ・・・」と思って続行。

結局進めず「まぁしょうがない」と思ってキックの準備をしてる時にタイムアップ!!! しかもなぜだかあっちはゲータレードシャワー?してるし・・・。

???? そうです!!間違えたのです!!忘れてたのです!!  OTが1Qだけなのを・・・。

サッカーと勘違いしてたのです。

アホでしょ~~~~!!?? 信じられへん!!こんなことで1勝捨てるなんて!!

ともあれ、takazさんありがとうございました。


ただし、相手のシャワーは理解不能やなぁ? なぜ?

来週はByeか・・・あ~早くやりたい!!悪夢払拭。

| ドワイト | 2010/05/08 12:01 | URL | ≫ EDIT

STL 17-17 ATL(ドワイトさん)

幸先良く、オープニングドライブをTDに結びつけ先制。
さらに返しのドライブをTurnerのラン、Ryan-Gonzalezのホットラインでゴリゴリと攻め入られるも、FGに食い止め、序盤はSTLペース。
しかし、ルーキーQBのJamesが直後の1プレー目に痛恨のINTを献上し、流れをみすみす手放してしまいました。
7-10でリードされ、前半残り時間は2分。

TOを使いつつ、なんとか敵陣2ydsまで侵入し、最後のTO。
ここで、3点を取りに行くか、7点取りに行くかを迷った末、Jacksonのランを選択。
が、ノーゲインで前半終了。
ドライブの途中、injury TOを一つ取られたのが痛かった…。

後半に入り同点に追いつくも、直後にまたもやTurnerのTDランでリードを奪われ、残り時間3分ほど。
前半の轍は踏まないよう時間をコントロールし、残り6秒で同点TDをあげ、OT突入。

そして、ドワイトさんが書かれたとおりのハプニング(?)により、ドローと相成りました。

前半のINTと、終了間際のFGを蹴らなかったことに悔いは残りますが、QBのJamesが パス13/19 179yds(1TD)を6人のレシーバーに投げ分け、ほぼ期待通りの活躍をしてくれました。
守備面での課題は残りますが、次に繋がる引き分けじゃなかったかと、ポジティブにとらえておりますw

ドワイトさん、手に汗握る試合をありがとうございました。
TOを取らずに時間切れになったときは、回線の具合か何かトラブルがあったのかと思ったのですが、意外な幕切れにビックリでした。
ゲータレードシャワーは、負けを覚悟したのに引き分けられて感極まったのでしょうか!?
まったく謎ですねw

| takaz_73 | 2010/05/10 18:58 | URL | ≫ EDIT

ARI(六郎太) 31-14 TB(canioさん)

canioさんの最初のドライブでCBマクファッデンがインターセプト!
後半にもう一回INTしてくれます。CBはクロマティだけじゃないところをアピール。
直後の1stプレーでwellsが33yのTDラン!
7-0

本来ならこれでリズムに乗りたいところなんですが、次のドライブでcanioさんの確実なゲインで1stダウンを重ねられてズルズル後退。あっという間にTD。
7-7

次のオフェンスでは2度のサックを食らいエンドゾーンの中からパントを蹴ることに。そのパントで41yのビッグリターンを許し、あわやそのままTDかというところまで戻されます。エンドゾーンまで残り数ヤード。止められずに逆転。
7-14

前半2minではwellsのスクリーンでの効果的なゲインもあり相手陣まで攻め込むもTDまでは至らず。フィールドゴールは52yと微妙な距離でしたがMAXで蹴ることが出来て成功。
10-14

後半は3TDを決めることが出来ましたがいずれもビッグプレーでした。

B.Wells, 89 Yd run
基本に戻ってやはりまずはランからだと思いコール、まさかの独走で驚き。TBにもSPDのある選手があまりいない(ARIもいません!)のが功を奏したのかもしれません。
17-14

L.Fitzgerald 76 Yd pass from M.Leinart
このプレーがスコア的にも内容的(ああいう形でビッグゲインになると私も良くへこむw)にもcanioさん側にダメージを与えたように思います。wellsのランプレーとともにスピードはないがフィジカルには強いというフィッツの良さが出ました。キャッチ後は操作もそれを意識したのが良かったかと。あとナイスキャッチです、さすが!
24-14

A.Wilson, returned interception 74 Yds
パスが多くなってディフェンスもそれを意識していましたが、なかなか止められず我慢の連続。その中で出たINTでした。QBのフリーマンにタックルされそうになるもなんとかかわしてエンドゾーンへ。
31-14

スタッツ見てもパス成功率は低いし、ドライブはまともに出来てないしでまだまだ苦労が待っていそうです。canioさん試合ありがとう。最後の方は固まらないかとちょっとドキドキでしたw

| 六郎太 | 2010/05/12 19:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rokurouta11.blog35.fc2.com/tb.php/180-21afb40a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT