マッデン NFL オンラインリーグ

日本人マッデンプレイヤーのコミュニティーの場として

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2ndシーズンWEEK11の感想

試合結果と感想を書きましょう!
個々の試合がどういう試合だったかを知りたいメンバーは多いと思うのでその為にもよろしくです。

| 試合の感想(2nd) | 02:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

突然お邪魔します。
Xbox360のMadden JPLに参加しているarrowjpです。

NFL.comのFantasy Footballのリーグを作りました。参加者募集中です。興味のある方はサイトをご覧ください。
http://fantasyfootballjapan.blogspot.com/

| arrowjp | 2010/06/18 00:01 | URL | ≫ EDIT

KC 23-17 HOU

 これまで箱の方で百試合以上の対戦歴があるこまんだーさんとの対戦。ほぼ毎試合、1ポゼッション差の好ゲームとなるため、接戦が予想されたが、この試合も最後まで分からない好ゲームとなった。

<前半>
 先攻はKC。トーマスジョーンズ??(KC=LJと思っている時点で情報が古すぎるがw)と思いながらも、なんとかFGに押さえ込み、ここまでは理想的な展開。ところが、気合いを入れて臨んだ次のプレイ、逆を取ることに成功したカウンタープレイ、大きくゲインできるかと思いきや、いきなりファンブルw最近毎試合出鼻をくじかれてきたが、この試合でも筋書き通りにくじかれる。。。
 しかし、次のドライブもディフェンスが踏ん張り、FGに押さえることができ、2ポゼッション差は免れる。
次のドライブでなんとかTDで逆転をしたかったが、KCの守備の怖さを知っているため、安全策をとりすぎてFGに終わる。6-3。
 そして、次のKCの攻撃ではブリッツがうまく入り、投げ損なったボールをINTすることに成功。しかし、残り1分を切って、自陣深くからの攻撃。こういうときに使うCover4キラーのスペシャルプレイは用意しているのだが、その辺は対戦を重ねているだけ合って、読まれていたw 4Deepどころか6、7Deep??つーか、プリベント!?(4Deepで一部にManをつけているような守備にも見えました)ってな感じで、取ってくれパスになり、予想通りのINTwうーん、スクリーンが正解だったか?で、その後のカバーも悪かった。一気に、自陣深くまで返され、最後はWRボウのドライブルートにヒットされ、13-3。個人的には、このプレイのミスは痛かった。6MenRushにするためにMLBにホットルートのブリッツを指示するはずが、左右のスティックを間違ってしまい、コンテイン・・・一瞬、おりょ?おまえどこに行ってるんだよ!と突っ込んでいるうちに、QBキャッセルに十分な時間を与えてしまい、ヒットされました。まぁ、こういう細かいミスが致命傷になるのが、こまんだー戦のこわいところだ。

<後半>
 後半はHOUのドライブからスタート。2ポゼッション差のため、安全策というわけにもいかず、ノーハドルを織り交ぜながらの攻撃。とんとん拍子にパスが通り、最後はHBスラトンのカウンターが決まり、TD。このランプレイはここ最近で最も気に入ったプレイ。ブロッカーの間の小さな穴を付いた脳汁のでるランプレイでした。(SD-NYJのショーン・グリーンのTDっぽくて、SDファンとしてはちょっと嫌な感じもしたがw)。13-10。
 わずか1分半でTDを返す、理想的なドライブでモメンタムが一気に傾いた!・・・と思った矢先に出鼻をくじかれるのが呪われモードのHOU。直後に、KRチャールズにリターンTDを喰らい、せっかく得たモメンタムを10秒くらいで失う。ほんと呪われとるな。20-10。
 次のドライブもとんとん拍子にパスで進みたかったが、さすがにその辺りはすぐにアジャストされ、ディープには投げさせてもらえず、最後はTEダニエルズのランプレイというスペシャルプレイでTDを取ったものの、長い時間を消費してしまった。20-17。このドライブの途中で、オーディブルのコールを間違って入れて、タイムアウトを取らざるを得なくなり、1個浪費したことが後に大きな痛手となる。
 KCは時間を最大限に使い逃げ切りの体制に入る。じわじわと攻められるが2ミニッツに入ったところで、3rdダウンを止めることに成功。FGで23-17。
 最後の攻撃で勝敗が決まるという予想した通りの接戦となり、脳汁でまくりwでも、今回は予想以上にKCが引いてきたなぁ。ディープを徹底して守るという戦術に1分半程度の時間で対応できず、タイムアップ。ドライブの途中でサックを許したのが響いたし、タイムアウトを無駄に浪費していたのがいたかった。時間がないときに、超ディープを守ります守備に対する効果的な攻撃を確立していない(あったような気もするが忘れたw)のが、良くなかったなぁ。

 獲得ヤードは2倍以上、HBスラトンは116ヤードを走り、ショーブも1INTだったものの70%、158ヤード。KCの強力D相手にオフェンスは及第点。ディフェンスもKCの強力ランを平均2ヤード前半に抑えるというすばらしい出来でした。でも、ファンブルやリターンTDで奪ったモメンタムを一瞬で手放してしまう。攻めているのに負ける典型的なパターンにはまりました。

 プレイオフは非常に厳しくなりましたが、失うものは何もないという状態に入ったので、ガンガンやりますよ。この後の対戦者の方はご覚悟をw

 こまんだーさん、対戦ありがとうございました。

| すーさん | 2010/06/21 15:12 | URL |

アップ動画を見たら、最初のファンブルはピッチでしたね。にしても、キレイにタックルが入っているなぁ。。。

| すーさん | 2010/06/21 15:19 | URL |

ARI (六さん) 28-17 STL (takaz)

5敗同士の同地区対決は、STLのキックオフで試合開始。

ARIのオープニングドライブは、長短投げ分けるライナートに翻弄され、
あれよあれよという間にARI先制。

STLもランを中心に攻撃を組み立て、6分近く時間を使ってなんとか同点に。

ところが、その返しのドライブの2プレー目で、74ydsのTDパスを決められ、
あっという間に7-14。
ボールを叩きにいったCBの手が届かず、あとはレシーバーの後ろ姿を拝むのみ。

前半残り時間3分ちょっと。
なんとか追いつきたいSTLは、ショートパスを繋ぎ、じわりじわりと敵陣に侵入。
QBジェームス→WRエイベリーへの12ydsTDパスで14-14。
さらに、前半でリードを奪おうと攻め込むARIに対し、CBバーテルがフィッツジェラルドへのパスをINT。
前半終了間際、逆に勝ち越しを狙ったSTLですが、Kタインズの50ydsFGはショート。

14-14の同点で、前半終了。


後半、STLのレシーブから。
プランとしては、ここで勝ち越して逃げ切るはずが、ファーストプレーでいきなりのINT.RTDで、14-21。
参考までに、マッデンにお伺いを立ててみたら「ユー、ロングボム狙っちゃいなYO!」とそそのかされ、
よせばいいのに乗ってしまった自分の身の程知らずに泣けてきます。

気を取り直して直後のドライブ。
またもやジリジリ6分をかけて攻め込むも、FG止まりで17-21。
なんとか4点差で3Q終了。

4Q突入後のARIのO#をパントに追い込み、残り時間は4分弱。
時間を使いつつTDで逆転というシナリオは出来上がっていたはずなのに、ここでまたもや痛恨のINT。
しかも、毎度「こんなのバグだろ~」と嘆きたくなるOLBの超絶反応…。
このプレーで、完全に心が折れました…orz。

あとは、追い打ちをかけるように、ライナートからトラメルへの42ydsTDパス(DBのタックルミス付き)で、17-28。
おまけに、もう1つINT.を献上し、Time up。


多少D#が淡泊でしたが、前半はプラン通りの展開だったので、
返す返す後半のファーストプレーが悔やまれます。
そして、なんとか軌道修正しかけていたところでの超絶反応。
本当に、もうCPU以外には勝てない気がしてきました…。

六さん、最後はあんな展開になってしまいましたが、手に汗握る試合をありがとうございました。
次のARIホームも、よろしくお願いします。
今度こそ勝てないまでも、終了間際まで縺れるような試合ができるように頑張ります。

| takaz (STL) | 2010/06/22 18:44 | URL | ≫ EDIT

TEN(HORO-999) 38-7 DEN(Atts7さん)
最初のドライブうまくTDにしたところすかさず相手のリターナーにキックオフリターンTDされ同点・・・良い流れを失ってしまいました。しかしそのあともCJのラン、クック、ブリットへのパスが決まり攻撃は絶好調で守備もしっかり相手オフェンスを止めて最終的にリターンTDの7点だけに抑えれました。この試合で8-2と負け越しの心配は無くなりました。後は地区優勝目指して頑張ります!
Attsさん試合ありがとうございました。

| HORO-999 | 2010/06/22 23:38 | URL | ≫ EDIT

ARI 28-17 STL

takazさんが詳細に書いてくれた(丁寧にありがとう!)のでそれにコメントを付けさせてもらいます!
+関係するプレーのハイライトのリンクも追加。

5敗同士の同地区対決は、STLのキックオフで試合開始。
ARIのオープニングドライブは、長短投げ分けるライナートに翻弄され、
あれよあれよという間にARI先制。

takazさんがマニュアル操作するMLBを混乱させるように2TEセットにしてRBをターゲットに組み立てました。
マニュアル操作が的確で思ったようにはいきませんでしたけどw
フィッツのロングゲイン、ハイタワーの個人技もあってTDまで持っていけました。

STLもランを中心に攻撃を組み立て、6分近く時間を使ってなんとか同点に。
ところが、その返しのドライブの2プレー目で、74ydsのTDパスを決められ、
あっという間に7-14。
ボールを叩きにいったCBの手が届かず、あとはレシーバーの後ろ姿を拝むのみ。

バンプになるところを狙おうと決めていました。キャッチング力はそれほどないのでよく落とすのですが見事にキャッチ。捕ったあとはDBを持ち味のスピードで振り切ってそのままエンドゾーンへ。
http://www.easports.com/media/play/video/21368794

前半残り時間3分ちょっと。
なんとか追いつきたいSTLは、ショートパスを繋ぎ、じわりじわりと敵陣に侵入。
QBジェームス→WRエイベリーへの12ydsTDパスで14-14。
http://www.easports.com/media/play/video/21311891
さらに、前半でリードを奪おうと攻め込むARIに対し、CBバーテルがフィッツジェラルドへのパスをINT。
前半終了間際、逆に勝ち越しを狙ったSTLですが、Kタインズの50ydsFGはショート。
14-14の同点で、前半終了。

TWIN隊形で攻められ、ゾーン+スポットライトでINTを狙っていたのですがうまくいかず、そのままズルズルとTDまで持っていかれてしまいました。
前半最後のオフェンスは3点でもとパス中心で攻めたのですがセーフティーのMAN2(CBバーテルをフィッツに付けているとのこと。とするとこの時はセーフティーのポジションにCBが入っていたんですね。そういうこともあるのかぁ)を判断出来ず投げ込んだら見事なINT。その後takazさんも3点狙いで組み立てたと思うのですがキッカーのパワー不足に救われましたw


後半、STLのレシーブから。
プランとしては、ここで勝ち越して逃げ切るはずが、ファーストプレーでいきなりのINT.RTDで、14-21。
参考までに、マッデンにお伺いを立ててみたら「ユー、ロングボム狙っちゃいなYO!」とそそのかされ、
よせばいいのに乗ってしまった自分の身の程知らずに泣けてきます。

あとからマッデンさんのお勧めと聞いて納得w それまでの組み立てと違いましたからね。SSウィルソンがボールを奪った後、STLの選手をかわしてうまくTDまで持っていけたのも大きかったです。
http://www.easports.com/media/play/video/21368540

気を取り直して直後のドライブ。
またもやジリジリ6分をかけて攻め込むも、FG止まりで17-21。
なんとか4点差で3Q終了。

元の組み立てに戻りましたw それまでもドライブされていたのですが今回も中々止められず。4thまで追い込んだものの、フィールドゴールを蹴るには遠くtakazさんがギャンブルを決行!ショートを中心に守ったらCOVER2の穴を突かれたミドルパスで1stダウンを更新されます。そのあとはなんとかTDは防ぎました。
http://www.easports.com/media/play/video/21369020

4Q突入後のARIのO#をパントに追い込み、残り時間は4分弱。
時間を使いつつTDで逆転というシナリオは出来上がっていたはずなのに、ここでまたもや痛恨のINT。
しかも、毎度「こんなのバグだろ~」と嘆きたくなるOLBの超絶反応…。
このプレーで、完全に心が折れました…orz。

オフェンスはリードしてるのだからもっとランをコールすべきでした。最後のパスで空いてると思って投げたらDLにジャンプでカットされたのが悔しかったです!
ディフェンスはまたしてもズルズルと後退。これは時間使われるとヤバイなあと思っていたとき、ロールアウトからのパス用にコンテインしていたOLBがパスに超絶反応!とてもラッキーなINTとなりました。心中お察し申し上げます^^;

あとは、追い打ちをかけるように、ライナートからトラメルへの42ydsTDパス(DBのタックルミス付き)で、17-28。
おまけに、もう1つINT.を献上し、Time up。

ブリッツでランを止めにくると予想して前半と同じようにバンプ後を狙いました。今回も見事キャッチしてくれて良かったです。ハイライトでみるとゾーンブリッツで後ろはCOVER2ですね~フェードパターンだったのでうまくいった模様w
http://www.easports.com/media/play/video/21368487
最後は投げるしかない展開でこっちはしっかり引いてますからINTは仕方がないところ。

多少D#が淡泊でしたが、前半はプラン通りの展開だったので、
返す返す後半のファーストプレーが悔やまれます。
そして、なんとか軌道修正しかけていたところでの超絶反応。
本当に、もうCPU以外には勝てない気がしてきました…。
六さん、最後はあんな展開になってしまいましたが、手に汗握る試合をありがとうございました。
次のARIホームも、よろしくお願いします。
今度こそ勝てないまでも、終了間際まで縺れるような試合ができるように頑張ります。

取って取られてのシーソーゲームでドキドキでした。ビッグプレーがこちらにあって勝てたもののペースはSTLでした。
それだけに悔しさも大きい(超絶反応がキープレイになったから余計に!)と思うので次戦がちょっと怖いですw
ディフェンスのダメっぷりは何なんでしょう・・・ちっともプレッシャーがかからん!
こちらこそ2戦目もよろしく!

| 六郎太 | 2010/06/23 12:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rokurouta11.blog35.fc2.com/tb.php/196-072a7757

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT