マッデン NFL オンラインリーグ

日本人マッデンプレイヤーのコミュニティーの場として

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3rdシーズンWEEK6の感想

試合結果と感想を!

| 試合の感想(3rd) | 21:19 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NYG15-7DET(ドワイトさん)

ファーストプレイでランを選択したのですが、
相手フォーメーションを見るとめちゃくちゃラン潰されそうだなという気配を感じ、DEEPPASSをオーディブル。
ヘールメアリー形式だったが時間がなかったのと、
マニンガムがマンツーでつかれていなかったため、
クイックで投げた…がINT!
その後簡単にTD取られ7-0からのスタートとなる。

そこから僕は、ミスを連発 決めれるはずのFGを外し、ゴール前でもINTされる
2Q中盤で一本返すも、2Q終了直前、タイムアウトがない状態で、FGを蹴らずに勝負に行き見事に失敗!
嫌な雰囲気を払拭してくれたのが、やはりD#だった
良い陣地でINTでき、その後の攻撃でTD+2pcを決めて
逆転!その他もポカは多かったもののD#が最後まで踏ん張ってくれたのが、勝因。

そしてなにより、サーバーからお互いはじかれることが無かったのと、けが人も出ずに終われたのが、本当によかったですね。

ドワイトさん試合ありがとうございました。
開口一番、ファーブ嫌い宣言には驚かされましたが、嫌いなもんはしゃあないですわなww
また野良でも宜しくお願いしますね。
2PCやギャンブルも、ご意見はお持ちだと思いますが、
スタイルの違いだと割り切って、お付き合いいただけたら、嬉しいです。

| 超モアイ(cyoumoai02) | 2010/10/21 02:18 | URL | ≫ EDIT

実物のファーブも確かに嫌い(我がままクソ親父化するまでは大ファンだった)ですけど、昨日の場合、去年モアイさんが操ってたファーブが苦手だったので嫌い。という意味です。しかもNYGにいるなんて思ってなくて、イーライ似てねぇ~っと思ってました。

どう考えても、序盤の展開なら前半で2本差はつけてて当たり前なのに、同じようにポカ合戦。

2Pやギャンブルは反則じゃないんだから、なんの文句もありません。ギャンブルは残り3Y程度なら8割方みんなやってくるから全然動揺はなし。

ただ2Pは、自分がやる場合ものすごい苦手なんで、やられて決められると一気に冷静さを欠くから、そんな自分が嫌なだけ。

所詮DETだDETだ、よくやってる方だと言い聞かせよう。

| ドワイト | 2010/10/21 11:11 | URL | ≫ EDIT

ATL(あげどうふ) 44-38 PHI(ひろさん)

OTまでもつれこむ壮絶な試合となりました。

試合中の得点経過(これも十分見ごたえのある内容でした)は今回は省略させていただいて、4Q残り18秒からの攻防を紹介いたします。

4Q残り4分
得点は、ATL 35-30 PHI
大事なATLのオフェンスを3&アウトに抑えられ、PHIのドライブが始まる。
PHIはこのオフェンスに勝負をかける。
時間をじっくり使い勝ち越しTD。
さらに2PTも決め、3点のリードを奪う。
ATL 35-38 PHI

残り15秒
前半間際に通ったTDパスのルートを再びコールするもマニュアル操作でCBにばっちり貼りつかれて投げられず。

残り10秒
サイドラインすれすれで待っていたゴンザレスにパスが通るも、わずか7Yのゲイン。
まだ自陣の奥深く

残り6秒
WRホワイトがサイドラインを駆け上がりスーパーキャッチ!敵陣35Y付近まで一気に前進!

残り2秒
52YのFGトライ。風は真横にやや強めに吹く。
ゲージが動き出す
パワー98% ややミスった
コントロール、右に目盛り1、5ずれる

だめだ、届かない

いけぇぇぇぇと画面で叫びながらボールの行方を追う
届くか、届くか、届くか、
ポールにあたった!
ポールにあたりながら奥へと跳ねていくボール
審判の両手が上にあがる

KICK IS GOOD!!

土壇場でOTへ!!


この勢いをそのままに、OTのコイントスで勝つ。
そしてこの日2本目のリターンTDが出て、勝利をつかみました。

省略していますが、途中経過もとんでもない展開でした。リターンTDはあわせて4本も!
さらに、エンドゾーン内でINT→ファンブル→オフェンス側がエンドゾーン内でリカバー→TD成立などなど

そのほとんどがわたしに味方してくれました。OTのリターンTDもついてました。

ひろさんありがとうございました。ケガもなく試合を終えられてホッとしましたね。

| あげどうふ | 2010/10/21 19:17 | URL |

GB(escaper2) 21-18 MIA(backsさん)

序盤はGBペース、ある程度までは攻め込まれてもvickをポケットから逃がさずプレッシャーをかけて得点を許さない。オフェンスはきっちり2TDをあげ、前半の時間をほぼ使い切る。しかし、ここでMIAはキックオフリターンTD。2TD差で後半を迎えられると思っただけに痛かった。

後半はGBレシーブで開始、と思ったらMIAはオンサイドキック!?軽いパニックになりオーディブルのやり方をど忘れ、ボタンを乱打してる間にあっさりMIAがリカバー・・・。モメンタムを完全に持っていかれかけたが、ここは意地の守りでFGに抑える。

その後互いに攻めきれずに時間が過ぎるが、第4Q残り3:39でGBのスクリーンプレーが一発TDになり21-10と突き放す。MIAも速攻でTDを返し、2ptも決めて21-18と追いすがるも、残り2分弱をGBが使い切って逃げ切りました。

この試合、オンサイド後のMIAオフェンスをFGに抑えたことがほんとに大きかった。TDまでもっていかれてたら流れは完全にMIAのものだったはずです。
そこでの守りも含めて今回のMVPはDL+OLBの二人かな、要所でvickを逃がさずプレッシャーをかけてくれました。

backsさん試合ありがとうございました!またお願いします!

| escaper2 | 2010/10/22 00:38 | URL |

TEN(かつげん)17-20 JAX(じゃがーさん)
最初のドライブでサックを受けて3rd&Longのシチュエーションでヤングがインターセプト!
ヤングは今季初INT。ロングパスを投げたところ、コントロールミスでマシスに取られました。さすがマシス!
JAXはMJDを中心にたっぷり時間を使いながら攻める。たしかここからお互い一回ずつしかドライブしなかったんじゃないかなぁ?

お互い大きな綻びも出ず終始緊張感ある展開でしたが、この試合は終盤にドラマがありました。
4Qも2ミニッツに入ったところでJAXボールでしたが、TOを使いきるも3&outに。
スコアは17ー20で3点ビハインド。
自陣からだが時間はあるし落ち着いて攻めれば何とかなると信じドライブ。
なんとかハーフライン越えたあたりまで攻め込み、FGも見えてくる。
JAXがヘビーブリッツを仕掛けてきたので裏に走り込んだTEクックJr.にパス。
これが通りRACでレッドゾーンに進入。「これは逆転TDも見えてきたぞ!」と思ったその時!
DBのハードヒットをくらってまさかのファンブル!!ファンブルファイトになりましたがJAXがリカバーし試合終了。

試合後じゃがーさんに聞いたところヒットスティックを入れたとのこと。
こちらはR1を押しっぱでしたがそれも無駄でした。あれはじゃがーさんのファインプレー!
初っ端にINTしてから常にJAXペースと厳しいものでしたが、最後にワクワクする展開になり楽しかったです。
ラストドライブはTO無かったせいか頭をフル回転させて次の手、そのまた次の手とエンドゾーンへの道のりをどんどん考えてました。
しかも頭の中では逆転TDのシナリオまで出来上がってて、一人で勝手に盛り上がってましたw
おそらくこのような浮ついた考えがこのような結末を招いてしまったんでしょう。
しかしお互い攻守ともに締まったいいプレーをし程良い緊張感の中、持ち味が発揮されたいい試合だったと思います。
負けはしましたが、十分に楽しんだのでこれはこれで満足のいく試合でした。

じゃがーさん、ありがとうございました!
現実の試合では両先発QBが負傷退場しましたが、この試合は怪我人無しで良かったですね。
これでますますAFC南が混沌としてきましたが、どんどん盛り上げていきましょう!

| かつげん | 2010/10/22 22:24 | URL | ≫ EDIT

KC 0-35 HOU

試合終了と同時にフリーズしたのでハイライトや試合経過がなくなってしまいました。

試合内容は2連敗中ということでそれを阻止するべく、ロングパスばかり投げない堅実なオフェンスを展開し、ディフェンスもさまざまなプレイを織り交ぜて、危なげない試合展開で勝利できました。

QBショーブはややミススローが目立ったものの、基本に戻りAJにパスを集中させて、300ヤード近くを獲得しました。AJは200ヤード越え。最近結構めちゃくちゃなオフェンスをやってましたが、勝利にはショートパスで地道に進んでいくのが一番近いと確信しました。点差を広げたあとは試したかったEatClock用のスキームで時間を使い、このスキームがうまく使えることがわかったことも収穫です。

ディフェンスは40ヤードのランを出された以外はパーフェクトの出来でした。ビッグプレイこそなかったものの、勝つための我慢のディフェンスが展開できたと思います。

1週BYEが入って、いよいよ同地区対決の密集スケジュールに入っていきます。同地区はいずれも手強い相手ばかりなので、気を引き締めていかねば。

かずさんありがとうございました。

| すーさん | 2010/10/26 18:42 | URL |

KC (kazu73) 0 - 35 HOU (すーさん)

試合内容はすーさんが書かれているので省略します。とにかくすーさんの攻撃を全く止めることができませんでした。

マッデン11ではCPUにもよく大量点を取られているので、点を取られることはもう諦めているのですが、自分が0点だったのはかなりまずいです。次の試合ではなんとか2TD取ることを目標にがんばりたいと思います。

すーさん、対戦ありがとうございました。

| kazu73 | 2010/10/27 21:55 | URL |

IND 34-24 WAS

遅筆、六郎太です.

マニングの試合最初のパス(アダイへのフラット)をLBがヒットでファンブルさせ、WASがリカバーしてそのままTD!
チャレンジするも判定は覆らず。
続くキックオフで今度はリターナーがファンブル!またまたWASがリカバーしてこれまたそのままTD!
今度はチャレンジすら出来ない・・・
余りにもラッキーな14-0でのスタートでした。

しかし問題はここから・・・
マニングのパスを全く止めることが出来ません。
クラーク、ウェインを軸に展開するオフェンスは強力。
ブリッツを入れるも冷静に対応され、ミササギさんのマニングは実際のマニング同様、焦って投げるような場面は一度もありませんでした。
その中でウェインへのフェードパターンのTDパスは美しかったですね。CBホールも一応付いてるんですが頭の上で捕られてしまいます。ナイスキャッチでした。

一方、マクナブは今週も相変わらずのでき。
3試合連続の3INTを記録し、ただでさえ止めれていない相手オフェンスにフィールドポジション提供します。

コルツが逆転に成功すると、そこからはドローやスクリーンなどで効果的に時間を使われます。最終的にコルツはパントを一度も蹴ることなく試合が終了しました。

モチベーションをもって臨んだ試合だったのですが、圧倒されて試合直後は言葉がなかったです。14点ももらっておきながらのこの結果ですからね。う~む、情けない。
ミササギさん、試合ありがとうございました。

| 六郎太 | 2010/10/31 14:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rokurouta11.blog35.fc2.com/tb.php/247-f13c8958

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。