マッデン NFL オンラインリーグ

日本人マッデンプレイヤーのコミュニティーの場として

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3rdシーズンDivisionalRound HOU vs NYJ

SCORES
ピクチャ 38

SCORING SUMMARY

First Quarter HOU-NYJ
(NYJ) S.Greene, 3 Yd run(N.Folk kick), 3:22 0-7
(HOU) A.Foster, 59 Yd run(N.Rackers kick), 2:22 7-7
(HOU) S.Slaton, 4 Yd run(N.Rackers kick), 0:57 14-7
-
Second Quarter
(HOU) A.Foster, 1 Yd run(N.Rackers kick), 0:16 21-7
-
Third Quarter
(HOU) S.Slaton 61 Yd pass from M.Schaub(N.Rackers kick), 7:15 28-7
-
Fourth Quarter
(HOU) A.Foster 8 Yd pass from M.Schaub(N.Rackers kick), 3:15 35-7

| PLAYOFF(3rd) | 07:56 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

試合概要

 当日のNYの天候は大雪。パスオフェンスを展開するHOUにとってはアウェーでの大雪から厳しい展開が予想されたが、この天候が思わぬ展開に導くこととなった。

<前半>
 先攻はNYJ。予想通り、リーグ随一のオフェンスラインがHOUのDLを圧倒。ショートパスと10ヤードを超えるランを3回織り交ぜ、最後はHBグリーンがわけなくエンドゾーンに走り込み、先制はNYJ。7-0。
 次のHOUの攻撃、HOUは大荒れの天候を考慮し、様子を見るためにドローを選択。これが当たり、レギュラーシーズンではHBスレイトンに押され気味だったHBフォスターが59ヤードを爆走し、エンドゾーンへ。7-7。
 NYJは次のドライブでもラン攻撃を展開するが、負傷でピッチから出たLBライアンズに変わり出場していたLBシャープトンと欠場中のSSポラードの代役のSSシンプソンがHBトムリンソンを挟撃し、ファンブルを誘発。LBクラウダーがこれをリカバーし、HOUがリードのチャンスを得る。敵陣から攻撃をはじめたHOUはミドルパス2発の後、HBスレイトンがエンドゾーンへ飛び込み、14-7。強力なランをもつNYJに対して前半からリードを奪う展開に持ち込むことに成功する。
 7点を追うNYJは、トムリンソンのランと確実性の高いパスでレッドゾーンへ進入。しかし、ここで、3rd&11を作られると、HOUのディフェンス陣が奮起。完全にレシーバーをカバーし、投げどころを失ったQBサンチェスから放たれたボールをLBクラウダーがエンドゾーン手前でINT。再びチャンスを得たHOUだが、自陣深くは抜け出したものの、大雪の影響かQBショーブのパスの精度が悪く、オーバースローの連発で、パントに追い込まれる。
 同点にしたいNYJは、やはりランで攻撃をするが、NTソリアイがHBグリーンの持つボールをタックルと同時に下から上へかち上げ、ファンブルを誘発。これをすかさずLBバージェスがリカバーし、再びターンオーバー。HOUに襲いかかると思われた雪の影響がNYJに色濃く出始める。
 HOUは時間を使って2ポゼッション差を狙い、パス5発でレッドゾーンに進入すると、時間を使ってランを繰り返した後、HBフォスターが3rd&1を制し、21-7。
 残り20秒弱のNYJの攻撃では、WRエドワーズへのパスで、50ヤードのFGチャンスを得るが、荒れた天候もあり失敗。21-7のまま前半を終えた。

 前半のファンブルでチャレンジを2回失敗していたNYJはHOUに前半2ミニッツの時間をコントロールされてしまった。これが最終的にFG失敗にまで結びついてしまい、2つのファンブルが試合のモメンタムを大きくHOUに傾かせたといえる。

<後半>
 HOUはランとショートパスでNYJを前がかりにし、HBスレイトンが裏を突く形で、61ydsTDパスを決め、28-7と3ポゼッション差にすることに成功、ラン中心のオフェンスのNYJに対し、非常に有利な状況を形成する。
 3ポゼッション差としたHOUはレギュラーシーズンの試合で数度決められたビッグゲインをさせないことを念頭にディフェンスを展開。FG圏内まで5分近い時間を使わせると、QBサンチェスにDEウィリアムズが襲いかかり、ファンブルフォース。これを先週の試合でもリカバーしたDTモズレイがリカバー。時間を使わせた上でのターンオーバーとHOUにとっては最高のシナリオで、3Qの大半を消費した。
 その後、とにかく時間を使いたいHOUは大雪ということもあり、ほとんどのプレイでランを選択。パントを蹴ることになるが、QBサンチェスが要所でミススローを犯し、再びHOUに攻撃権が移る。
 HOUは時間をゆっくり使いながら、ランとショートパスで進み、約5分のドライブをHBフォスターへのパスで完結。35-7とし試合を決めた。

| すーさん | 2011/01/27 14:56 | URL |

感想

<感想>
 一言で言うとラッキーゲームでした。ディフェンス陣の奮闘が目立ち、ランこそだされたものの、4つのファンブルフォースから3つのターンオーバーを奪うことができ、こちらもスレイトンが恒例のファンブルをしましたが、リカバーに成功したという点でもラッキーでした。特に控えのLBシャープトンの前半のファンブルで、こちらが先行する展開に持って行けたことが非常に大きかったです。ディフェンスが弱点であるHOUが先週に5つ、今週4つのターンオーバーをあげているのに驚いています。やればできるじゃないか!
 ディフェンスの活躍が大きいことは否めませんが、オフェンスも好調でした。特にオフェンスラインが素晴らしく、自陣深くからのドローの場面でGフォーニーがネブロでテイラーを転かして走路を作ったときには、ゲームながら感動しましたwレギュラーシーズンでは圧倒的な存在感で中央から割っていたNTジェンキンスをCマイヤーズが気合いで押さえ込み、ランの選択肢を増やしたことは非常に大きかった。影のMVPがオフェンスラインだったといえます。
 QBショーブは大雪の中、ミススローは多少あったものの8人のレシーバーに投げわけ、レーティング142の安定感で勝利に貢献しました。AJはリーグ最高CBのリービスにかなり押さえ込まれてしまいましたが、2ndターゲットや、RB陣に通すことができ、特にレシーバーとしてフィールドに立つことも多いスレイトンにうまくパスを通すことができました。大雪の中、ドロップなしということで、ODの穴を埋める活躍をレシーバー陣も見せました。
 
 NYJにはレギュラーシーズンでビッグゲインをかなり喰らったので、ディフェンスはかなりコンサバティブなものにしましたが、このことで最長24ヤードのゲインに抑えることができ、NYJの1シリーズあたりのプレイ回数を増やし、ファンブルやインターセプトにつながったということも大きかったですね。

 ここ2試合はかなりラッキーが続いています。この試合でも、ファンブルをリカバーされていれば、接戦の難しいものになったと思います。
 次の試合は、レギュラーシーズンに両QBのレーティングが158.3という壮絶な打ち合いの末にオーバータイムでかろうじて勝利したSD。SDは普段重用しているので、その怖さはもちろん知っています。マクニール・ディールマンの強力なオフェンスライン、ゲイツ・ジャクソンのうまい上に高いレシーバー陣、快足スプロールズ、そしてリーグ最強クラスのQBリヴァースとオフェンスはちょっと恐ろしすぎます。ディフェンスも強力で速いLB陣とシャットダウンCBジャマーのいるセカンダリーをもち、攻略がなかなか難しい。ぽてとさんも今週対戦したぼせりさんと同様、奇策はせずとも王道的な強さを持っており、とても厳しい試合になると認識しています。来週もディフェンスの奮闘がほしいところです。

 ぼせりさん、ありがとうございました。来期もよろしくお願いします。

| すーさん | 2011/01/27 15:12 | URL |

試合概要はすーさんが書いてくれたのでこちらは感想を。
何よりハイパーO#を持つすーさん相手ということでJETSのゲームプランはRUNとショートPASSでとにかく時間を使う事+AJにロングPASSは決めさせないこの2点!!

O#はうまくいってましたがファンブルが誤算wシーズン中は無かったはずなのに・・・・やはり大雪のせい?
サンチェス君の要所でのオーバースローも発動し完全に後半は心が折れましたw

D#はドローにやられ(いつもはジェンキンスが勝手に止めてくれる)得意のZONEブリッツもコールしにくくなり平凡なベースD#にすると空いてるとこに確実に決められ崩壊w
こちらも後半心が折れましたw

すーさんがラッキーゲームと言ってますが何より試合始まる前のスカウティングで結果は出ていたと思います。準備してきたな~と感じるPLAYが多々ありました。すーさんの戦術指南さすがです。

わたしのオンフランもここで終わりです。シーズン中対戦してくれたみなさん、運営してくれた六さん、ありがとうございます。

来シーズンもよろしくお願いします。

| ボセリ | 2011/01/27 23:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rokurouta11.blog35.fc2.com/tb.php/278-a7038472

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT