マッデン NFL オンラインリーグ

日本人マッデンプレイヤーのコミュニティーの場として

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4thシーズン DivisionalRound 試合結果とHC会見

AFC
TEAM1QT2QT3QT4QTOTTOTAL
Jets(10-6)
backs2989
03710020
Raiders (16-0)
HORO-999
3770017


TEAM1QT2QT3QT4QTOTTOTAL
Chargers (13-3)
soosan76u
70210028
Texans (15-1)
youyouyou0
14700021




NFC
TEAM1QT2QT3QT4QTOTTOTAL
Eagles (11-5)
hirro10
01077024
Seahawks (15-1)
boseli--71--jax
7776027


TEAM1QT2QT3QT4QTOTTOTAL
Packers (11-5)
Rokurouta21
000808
Falcons (14-2)
agedofu777
7776027

| PLAYOFF(4th) | 07:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NYJ 20-17 OAK

前半TEミラーにパスを通しつつFGを決めるも2Qにミラーが怪我で離脱、この試合戻って来れないことが分かると途端にミラーが抜けたオフェンスがまったくドライブすることが出来ず、ミラーの抜けた穴を実感しました。後半フォードのKRTDで得点するもNYJのランをだんだんと出されるようになりTDを決められ逆転。2回目のKRTDかと思えばOAKの選手がホールディングで無効に・・・これにはがっかりでした。なんとかパスを繋げて追いつくも最後は57ヤードFGを試合終了と同時に決められOAKのシーズンは終わりました。

この試合の敗因としてはNYJのランが次第に止められなくなってきたこと、ランだけで前にゴリゴリ進まれるのは守る方からすればとてもきついです。また一番大きかったのはショートからミドルのターゲットとして頼れるTEミラーが怪我で戻って来れなかったことでした。困ったら彼に投げていて離脱する前も彼にサードダウンで何回か投げてFD更新していたのでOAKオフェンスで一番欠けてはいけない選手の離脱を埋めることが出来ませんでした。

パーフェクトシーズン達成は出来ませんでしたがOAKを使ってとても楽しめたシーズンでした。リーグを運営してくれた六さん、ハイライトを作ってくれたYOUさん、試合してくれた皆さん本当にありがとうございました!

| HORO-999 | 2011/08/27 00:51 | URL | ≫ EDIT

SEA 27-24 PHI

レギュラーシーズンでも対戦のあったPHIとのDVプレーオフ。この試合から怪我で離脱していたFSのトーマスとLBのカリーが復帰。

試合は雨。ファーストドライブはスコットへのパスとリンチのランで進み、最後もリンチが飛び込み幸先よく先制。次のPHIの攻撃こつこつ進められるもレッドゾーンで4thギャンブルを止める。SEAの攻撃はハッセルベックのオーバースローなどミスが多くパント。試合を通してオーバースローが目立った。PHIの攻撃、ジャクソンのランアフターを中心に攻め最後もジャクソンに決められTD。これで7-7。
この時点で前半残り30秒くらい。FGでも決めれればいいかな~と思っていたらなんとL・ワシントンのキックオフリターンTD。14-7で折り返すかと思ったら56ヤードFGを決められ14-10で前半終了。

後半はお互い前半の傾向を見てかマークがきつくなりO#があまり進まなくなる。PHIがジャクソンを囮につかい他の選手に投げ始めコツコツ進み最後はセレックに決め14-17。逆転されるw
SEAはミドルパスが決まり始め最後は絶対エースのスコットに決め21-17で再逆転。直後のPHIの攻撃、引き続き要所で他の選手にPASSを決め進みジャクソンのランアフターでドカンとやられ(この時マニュアル操作のトーマスが固まっていたw)最後はランでTD。21-24。

残り4分くらい。SEAは時間を使いきってTDをとる作戦。SACKされたりもしたがなんとかレッドゾーンへ。ここでファーストダウンとれずFG24-24。

残り47秒。PHIはパスで攻めるもSEAがSACKもありとめる。残り6秒。4thダウン。PHIは時間使いきろう作戦によりギャンブル。スナップ後QBコルブがなんと雨でスリップ。SACKされる。試合時間2秒残る。最後はO・マレが決めて27-24。

雨によるオーバースローやファンブルなどあって大変だったが最後はホームの力が出たと思いたい。ありがとうクエストフィールド。

次はチャンピオンシップ。まだまだ11を楽しむぞ。

hirroさん試合楽しかったです。12でも試合やりましょうね。

| ボセリ | 2011/08/27 02:28 | URL |

GB 8-27 ATL

試合後HC談

今日の試合はいつもよりかなり緊張したね。
なぜかって今日の試合は生中継されていたからさ!
わたしのインカムの声も拾ってるってことだったからボソボソ言ってることまで聞かれると思ったらなおさらだったよ。
下手な試合はできないといつもより気合が入っていたね。
その気合が空回りせず徐々に落ち着きを取り戻せたのがよかったよ。

レギュラーシーズンで2敗したうちの1敗がGBだったから苦手意識はあった。前回はINTで試合を壊してしまったから今日の試合の入りはかなり慎重なスタートだったと思う。
だが最初のドライブでじっくり時間をかけながら7点先制できて落ち着くことができた。

前回のGB戦でルーキーWRにかなりやられてしまった記憶があるから今日は徹底マークしたんだ。
その甲斐あってか彼には1度パスを通されただけで済んだよ。
だがGBには優秀なレシーバーが他にもいるからそっちにスイスイと通されてしまってね、層の厚さを感じたよ。

その悪い流れを断ち切ってくれたのがムーアの2INTだ!
ロジャースが奥へ投げ込んだパスにドンピシャのタイミングで回り込んでいた。今日の彼は相当集中していた。

そしてINTで得たチャンスを確実に得点に結びつけることができたオフェンス陣も素晴らしかった。
前回の対戦を何度も見直してライアンはきっちりそこを修正することができていたね。

次はカンファレンスチャンピオンシップ。
昨シーズンのチャンピオンシップもタフなものだったが、今年はそれ以上にタフなゲームになりそうだ。
だからといって特別なことをしようなんていまさら思わないね。
これまでの試合で貫き通してきた1プレイ1プレイに集中することを今度もやるのみさ。

| あげどうふ | 2011/08/28 00:21 | URL | ≫ EDIT

SD 28-21 HOU(youさん)

 前半は一方的なHOUペースだった。QBショーブがいないということで、ランとアンダーを警戒し、Cover2を敷いたところへ、AJへのサイドライン際へのパス一発でTDを奪われ、その次のシリーズでも、TEへのフラットパスがそのまま70ヤードTDにつながるなど、1Q途中で早くも14-0。1Q終了間際に、TEゲイツへのショートパスでTDを奪い、その後QBゴンザレスへのサックでファンブルを誘うもリカバーされ、14-7のまま1Qを終える。
 2Qに入り、長い時間をかけたドライブでゴール前に進まれるも、4th&1を阻止することに成功。反撃を試みるも3rdダウンでWRジェンキンスが痛恨の落球。再び攻撃権を得たHOUがAJへの24ydsパスで21-7。残り19秒から2発のミドルパスでFG圏内まですすむも、ダウンと同時に残り時間が0となり、21-7で前半を終えた。
 後がないSDは後半に入り、より長いパスへとシフト。35,24ヤードパスでゴール前に進み、最後はランで21-14。HOUの精度の高い攻撃に、仕掛けていく守備が必要となったSDは、リスクの高いプレイを選択。前半から再三プレッシャーに対しフラットへ振っていたパスを考え、カバー2のフラットを残したままハイプレッシャーをかけるプレイを選択。このプレイが的中し、フラットでINTをしたCBケイソンがそのままエンドゾーンへ。21-21。さらに、次のシリーズでQBゴンザレスのミススローをSウェドルが50ヤード付近中央でINT。ここからウェドルがディフェンダーとは思えないリターンを開始、スピンやブレイクタックルでオフェンス陣をを次々といなし、最後は相手を引きずりながらエンドゾーンへ倒れ込み、28-21と逆転に成功。このプレイがこの試合のハイライトであった。おそらく5,6人のディフェンダーに触られながら50ヤードを走りきったSウェドル。SDがS最高級を支払うのもうなずけるw。なかなか出来ないプレイなのでリプレイに残したかったが、途中からであまりわからない。。。(ちなみに、Greatnessは2648だった!)
 4Qに入り、追う展開となったHOUもさすがの攻撃力を見せ、サックでロスをしながらも、3rd&22からフレッシュを獲得するなどの粘りを見せ、レッドゾーンへ。しかし、ここで再びSDがサックを奪い、3rd&12。再三窮地を脱して見せたHOUのパスを2回阻止し、ターンオーバー。SDは自陣深くで、2回ロスタックルを喰らうも、3rd&14からVJへのパスでフレッシュを獲得し、そのままニーダウン。難しい試合を28-21でものにした。


 とにかく前半はyouさんの正確なパスになすすべがなく、完全にHOUペース。前半は後手後手になっていたディフェンスのプレイ選択を後半に入りアグレッシブなものに変えたことが功を奏した。3Q途中でRTとLEのマッチアップで完全に負けていたLEセザールをフィリップスに交代したこともその後カバレッジサックを生む原因となり、良かったと思う。3-4のDEを軽量に変えるという荒療治だったが、フィリップスの能力でこれがうまくいき、フォスターのランを押さえ、パスプレッシャーを与えられることになった。
 youさんのミスのない攻撃になんとか3度ファンブルフォースに成功するも3度ともリカバーされ、オフェンスもいいタイミングで入るブリッツに苦労した。非常に厳しい試合だったが、奇跡のリターンのウェドルと7タックルで獅子奮迅の活躍だったフィリップスと運でなんとか勝てたという感じです。

 次は3回連続でプレイオフでのバックスさんとの対戦。今回は圧倒的なOLとHBとリーグ屈指のディフェンス陣を持つJETSが相手で、相当な苦戦を強いられること必須だが、なんとか光明を見いだしたい。

| すーさん | 2011/08/28 01:22 | URL |

SD 28(すーさん) -21 HOU

試合経過はすーさんが詳しく書いているので省略します。

すーさんは謙虚に「運で勝てた」と書いていますが、運が良かったのはむしろ私の方です。背後からのストリップが徹底されており、ファンブルを複数回誘発されましたがどれもこちらのリカバーでした。

前半はギャンブルで正直すぎるプレーをコールした以外はオフェンスもディフェンスも完璧に近い出来。投げたパスが全て成功し、14点差をつけて終えることができました。

マッデン、特にオフェンスハッピーな本作11では2ポゼッション差はかなり有利な展開です。しかし、『カバー2のフラットを残したままハイプレッシャーをかけるプレイを選択』これを境に一気に崩れていきました。

このプレーでQBを操作する私はCBがバンプしていたのを見てマン・ツー・マンと判断し、アウトを走るスロットへとパス。ところが、実際はフラットゾーンのカバーでCBは難なくレシーバーとQBの間に身体を入れてインターセプト。そのままエンドゾーンへと駆け込みました。

その他にはフィリップスをDEに入れたのも妙案でしたね。3メンのDEにパスラッシュで割られるとプレー選択が限られてきてしまいます。

マッデンの旧作は新しいものが出ると知り合いにあげるので、11を起動するのは残すところハイライト作成のためだけとなります。ということで11最後の試合はすーさんとの対戦になりましたが、とても良いものになったことを嬉しく思います。どうもありがとうございました。

六さん、運営お疲れ様です。この先も頼ることになりますが、どうぞよろしくお願いします。

| youyouyou0 | 2011/08/28 20:34 | URL | ≫ EDIT

NYJ 20-17 OAK

レギュラーシーズンに続き二度目の対戦でしたがその時の経験が大きく生きました。試合の中での要因としては、ホロさんが述べているようにOAK攻撃陣の要のTEミラー退場がかなり大きかったです。

D#としてはNYJのDB陣がデズなどのOAKWR陣の縦へのパスを防ぎ、ショートの頼みミラーを欠いたホロさんの攻撃パターンを絞れたことが勝利つながったとおもいます。

O#は前回怪我で退場したルーキーがフル出場しO#をけん引してくれました。

ホロさん試合ありがとうございました。

| backs2989 | 2011/08/29 16:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rokurouta11.blog35.fc2.com/tb.php/334-c089d3f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。