マッデン NFL オンラインリーグ

日本人マッデンプレイヤーのコミュニティーの場として

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あなたのマッデン日記(WEEK8)

試合を終わった人がプレイ日記を書くところ。
試合の記憶が鮮明なうちに書くことをお勧めします^^

タイトルのところにチーム名と試合結果を入れてください。
あとの書き方は全く自由です。


PLAYER OF THE WEEK!
20121204-065901.jpeg

| マッデンプレイ日記 | 20:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

KC14-OAK21

今でも信じられませんが地区首位のKCに勝っちゃいました。
何より、目標にしていた「ツイッターにプライヤーの名前を出す」ということが出来たのが嬉しいw

序盤はこちらの攻撃が全く続かず、パント代わりのロングパスを投げる悲しい攻めでした(完璧にpickされるボールでしたが、なぜかユーザー操作のCBがサイドラインへ逃げていったもののWRがドロップ・・・)。オプションは相手のユーザー操作にびびってハンドオフをミスったのでしばらく封印することに。
KCにはチャールズのランだけで進まれる展開。前半終わり頃には14点差がついていました。
このまま時間使われて負けるんだろうなー、と思っていたのですが予想外にも2minでテンポを上げてドライブしてくれたので、気を取り直して重いブリッツを入れたところ、HBへ投げたボールにFSが一直線!Pick6してくれて14-7。

後半は前の試合で出たオプションの一発TDを夢見て何度もコールしたのですが、セットした時点で既に出る気配の無い配置でスナップ直後にラインを一瞬で抜けられてキャリアーがタックルされる始末。
こりゃもう投げるしかないと思ったのでPA交えながらのパス。ユーザーピックされそうなパスが1本ありましたが、プライヤー君のコントロールが悪いせいかラグなのか・・・運よく反応されず。
なんとかドライブを続けてTDを取ることができて14-14。その後の守備は選手ががんばってくれて無得点に。

4Q入ったのでもう時間使ってFGを蹴ろうと思ってランを復活させてドライブ。結局すぐ行き詰まりましたが、ダウン更新必須の場面で選手達がミラクルキャッチや短いパスからRACで更新と気合の入った活躍。
馬鹿なHCのせいでサイドラインから出るミスもあり、残り2分と時間を残しすぎてゴール前に来てしまいましたが、サックされてもいいやと思ってコールしたパスでプロテクションが持ちプランとは違ったもののTDで14-21に。

またもや2minを守る展開となりましたが、選手ががんばってくれて4thを止めて時間を使って勝つことができました。

もっとランを出せたら際どい運まかせのパスを投げなくてすんだのですが、ボンミラーみたいなすり抜け具合のタックルへの対応が出来なかった・・・。モーションを使ったり、抜けてくる選手を死角からブロックするようなランをコールすべきでしたね。

| あひゃ | 2012/11/30 00:54 | URL |

IND 31-35 TEN

いよいよシーズンも中盤。
INDはこの折り返し地点で同地区のTENとアウェーに乗り込んでの対戦です。
コミュの賢人らお先生・・・早くも不気味な雰囲気漂ってますw
チャットでサラリーキャップの講義をしてくれたあの優しいお姿はどこへやらw
今はもう目つきギラギラなにか女の子でもみるような目をして・・・。
コイントスに勝って選択肢の画面になった途端レシーブ選択してました。決めるのはやーw こわーw

ってことでTEN先攻でゲームスタート!!

【第1Q】
TEN:5分13秒 K.ブリット 70yds TDパス
あらまの一言でした・・・。スタッツからエースとして寵愛を受けているのは予想できましたが、なんとTEだったとはw
かつての守備MVPボブっちのマンツーを簡単にぺリっと剥がし一撃でした。 IND 0-7 TEN

IND:2分27秒 びなてぃえり41yds FG
波乱の幕開けで高鳴る鼓動を落ち着かせつつ(ほんとは内心あたふたw)、INDファーストドライブ。
が、心の内が読まれているかのようにラックもWR陣も動き最悪。「あら、どこ投げてるの奥様?」「そっちこそどこ走ってるのよ!」ってな具合で連携ばらばら。
自陣で2回も3rdロングになりつつもパスを通しなんとか敵陣。
しかし最後は「あら、どこ投げてるの奥様?」で3rd失敗。
FGで加点 IND 3-7 TEN

【第2Q】
TEN:5分21秒 ブリット 12yds TDパス
先ほどの一撃からFGを返し落ち着いてくれたかと思いきやIND守備陣はガタガタw
リーグ2位の守備だったとは思えない紙装甲をロッカーが容赦なく引き裂いていきます。
最後はまたしてもブリトーに合わされTD。
IND 3-14 TEN

IND:キックオフリターン ファンブルロスト
先週大胸筋断裂でエンドとなったエイブリー君の後釜のKRヒルトン君ですが・・・やらかしてくれましたw
うはは笑えねえw

TEN:4分10秒 ブリトー 14yds TDパス
STの悪い流れが守備にも影響します。(ま、今までの2回のドライブも止まってませんがw)
これまた簡単にTEのブリトー君に決められ段々やばい雰囲気w
IND 3-21 TEN

IND:パント
攻撃陣は相変わらずのひどい連携・・・
あら奥様?はいいからパスを繋げてくれ、との願いも虚しくパント

TEN:2分56秒 CJ2K 82yds TDラン
パント後の初プレイ。いきなり走られちゃいますw
もうIND全部がガタガタw 早くも25点差w 敗北ムード一色
IND 3-28 TEN

IND:2分12秒 ヒルトン 12yds TDパス
しかししかし、試合を投げるわけにはいきません。まだ半分も終わってませんから。ってことでまずは攻撃をつなぐべく、コールを簡素なものへと変更!
するとするとこれが見事に当たり、ラックとWR陣の連携が復活!!
ようやく、本当にようやくTD。
IND 10-28 TEN

TEN:インターセプト
今まで暴れに暴れたブリトー君。ようやく対抗策がうまく機能し始め、ロッカーがポケットでボールを持つ時間が長くなっていきます。
そしてついにCBヒューズが初めての攻撃阻止となるINT奪取。

IND:0分00秒 スティーブンス(FB) 5yds TDパス
INTからのドライブ、なんとかなんとか繋げて敵陣5yds。
残り4秒でタイムアウト0。
FGも考えましたがこの点差は攻めるべき!ってことで特攻!
4番目のターゲットのスティーブンスがエンドゾーンのライン上でギリギリのパスキャッチ。見事TD。 同時に前半終了。
IND 17-28 TEN 

【第3Q】
IND:ファンブルロスト
前半連続TDの流れがそのままにテンポよく進んでいきます。
が、ここでラーーックやってしまったスクランブルからのポロリ。無情にもボールはTEN守備陣の懐へw

TEN:インターセプト
帰ってきましたIND守備。ようやくようやく機能し始め、ぴったりマンツーからCBジョーンズがINT。
すかさずボールをラックに返します。

【第4Q】
IND:5分20秒 Wii 5yds TDラン
TOで得た大事な攻撃権。丁寧に丁寧につないで最後はWiiがドロープレイでTD。ようやく1ポゼ差に・・・。
IND 24-28 TEN

TEN:インターセプト
またもやIND守備陣INT奪取のビッグプレイ!
ラストドライブを攻撃陣に託します。

IND:0分08秒 ラック 2yds TDラン
このプレイ4thダウンギャンブルでした。最後に出したのはリードオプション。ラックの機動力に賭け見事Bギャップを突いてTD。ようやく逆転に成功
IND 31-28 TEN

TEN:0分00秒 ワシントン 61yds TDパス
最後の最後TENのラストプレイ。もちろんヘイルメリーパス。
これがなんとなんとマークを振り切ったワシントンの手中へ。キャッチの勢いそのままにエンドゾーンへ転がりTD!!!
IND 31-35 TEN

【HC to HC】
らおさん、試合ありがとうございました。
ここまでの熱い、1プレイに賭けた試合っていうのも久々でした。シーズン初敗北・・・って形になりましたがまだまだINDも私も終わらずに不屈の闘士で頑張りたいと思います。
早くも次の対戦が楽しみですね♪
打倒AFC東!!w 南地区は細々と頑張りますよw

| skyrim1992USA | 2012/11/30 03:49 | URL |

NE48@0STL

 前半戦の最終戦、勝利で飾り8連勝でBYEを迎えたいところ。
 ただ、オフェンスは間違いなく今期最悪の出来でした。なんでもないスラントでのINTも含め、パス成功率は58%。ゴール前でもパスで推していった影響もありますが、チートQB使っといて、ほめられたもんじゃありません。ブレイティがミススローをしたわけでもなく、単に操作者の力量不足といいますか、STLのディフェンスコールがとても良かったように思えます。こちらの意図するところに投げられる場面が非常に少なかったですね。
 そんなオフェンスを助けてくれたのが、絶好調のディフェンス陣。とくに、CBマッコーティが4INTの大活躍。普段の野良ではそこはマンツーでつけないというところに勝手に割り込んでくれる。正直、こいつなんかクスリやってんじゃないの?と思うほどの動き。まさにマコ茶アイランド。前半戦のチームMVPを選べと言われれば、グロンク、ブレイディよりマッコーティーです。ランディフェンスもいつも通り全自動鉄壁ランDで、HBジャクソンをAve2yds以下に抑えてくれたのも大きかったです。
 そんなこんなで、前半戦は予想を上回る8連勝で終えることが出来ました。後半戦は前半戦と打って変わり難しい試合が増えます。Wk10ではラック旋風のIND。続くWk11ではバックス戦。この2連戦が最もスケジュールで厳しいだろうという予測は開幕当初よりありますが、連勝を続けているMIAがあと2戦とも残っているしこれまたとても難しい。メチャクチャなサック数のウェイクを相手にするのは大砲系パッサーとしては最もやりにくいともいえ、気が重いw
 BYEでしっかり選手をプログレスして後半戦に備えます。

 にゅーとんさん、試合ありがとうございました。六さん、後半戦もよろしくお願いします。

| すーさん | 2012/12/02 10:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rokurouta11.blog35.fc2.com/tb.php/403-c4120682

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT